book

□優先順位
1ページ/27ページ

いつものごとく、大石が手塚の方を優先してしまい、そのことを知った菊丸は怒った。

「なーんで、手塚の方を優先しちゃうわけ!?」

信じらんない!!と言った菊丸の機嫌は最悪の状態だ。

「ご、ゴメンよ英二…」

と大石は謝るが

「むー……」

と一向に菊丸の機嫌はよくならない。

「機嫌直してよ英二…」

菊丸の機嫌を直そうと一生懸命な大石だが

「大石のバーカ!!もう、知らないっ!!」

と言われ、さすがの大石も頭にきた。

「……そうか、英二がそこまで言うんだったら、俺はもう気にしないことにするよ」

そう冷たく言い放った。

それを聞いた菊丸は一瞬泣きそうな顔になるが、

「あぁ、そうですか!!」

と言い乱暴に自分のラケットバッグをとると、部室を出て行ってしまった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ