book

□Love Potion
1ページ/21ページ

「ふふふ、ようやく完成だ...」

金曜日の放課後、化学室に小さな声が響いた。

それは...乾の声だ。

本来なら、金曜日は放課後も部活はあるのだが、明日は昼から氷帝との練習試合があるため明日の午前中、練習をしようということになったのだ。

「これを大石に飲ませれば...」

乾のメガネがキランと光った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ