book

□お互いの気持ち
1ページ/12ページ

菊丸side

「英二、ちょっといいか?」

3限目が終わって10分休みに入ってすぐに大石に呼ばれた。

大石にしては、珍しい。

「どうしたの大石?大石が6組に来るなんて珍しい」
「ちょっとね」

そして、ここじゃ話せないから屋上まで一緒に来てほしいって言われた。

急げば終わったあと教室に戻るのは間に合うだろうと思ったから、分かったと頷いた。

「不二、ちょっと行ってくんね」
「うん、行ってらっしゃい」

俺は、大石に着いて行った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ