book2

□Occasion propice
1ページ/7ページ

昼休みのときだった。

「2週間後の24日、越前の誕生日だよね」
「どしたの不二。確かそうだったけど」
「いや、越前の誕生日と25日はクリスマスだから合同でやりたいと思ってね」
「!それって、楽しそう!!」
「でしょ?」
「手塚と大石に言おうよ!あ、俺、大石といつも帰ってるから今日言ってみるね!」
「じゃぁ、僕は手塚に言おうかな」

不二は手塚に、菊丸は大石に合同計画のことを提案することにした。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ