ss2

□宿題
1ページ/1ページ

朝練が終わり、教室に戻ると菊丸は宿題をし忘れていたことに気づいた。

「あ!宿題忘れた!」
「また忘れたの英二」

と、不二はため息をついて言った。

「お願い不二、写さして!」

と、菊丸は頼んだ。

「ダメ、自分のためにならない」

と、不二は断った。

「ケチ」

と、むすっとして言った。

「ケチじゃないの。ほら、少しでもやるやる!」

と、菊丸を席に着かせた。

「はぁい」

と、菊丸は返事をしたのだった。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ