ss2

□ダブル祝い
1ページ/3ページ

「大石と一緒にコートで待っててねー!」

菊丸先輩はそう言うと、他の先輩たちと桃城と越前と部室に向かって行った。

...何があるんだ?

「海堂、多分10分位だろうけど、その間打ち合うかい?」
「はい」

ただ待っているのは暇だから、大石先輩の提案に乗った。



〜10分後〜

「大石、海堂ー、お待たせ―!」

大石先輩の言う通り、10分後に菊丸先輩が呼びに来た。

他の人たちは部室にいるらしい。


「さぁ、入って入って!」

菊丸先輩に言われて、中に入ると”海堂、誕生日おめでとう!!”の幕があった。

「誕生日...すっかり忘れてた...」
「日曜日だということもあるだろうが、お前のことだ、忘れていると思ったよ」

うっ...図星だから何も言えない...。

「まぁまぁ、誕生日パーティー始めようよ」

不二先輩がそう言い、パーティーが始まった。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ