ss2

□ダブル祝い
2ページ/3ページ

誕生日パーティーが始まり、プレゼントをもらったり、ケーキを食べたりしている。

その途中で

「あ、忘れるところだった!はい、大石!」

菊丸先輩を筆頭に次々と大石先輩に渡していった。

「え?俺の誕生日もう終わってるけど...」
「ん?これは”母の日”!」
「母の日って...俺は男だぞ!?」
「ほら、大石は”青学の母”って呼ばれてるだろ?だからだよ」
「だからってなぁ...」

そうか母の日か...。

「大石先輩、俺は明日渡します」
「えっ、海堂別にいいぞ?」
「いえ、俺だけ渡していないってのも嫌なので」
「はぁ...分かった...」

大石先輩は、渋々だけど、納得してくれた。





母の日のこともあったが、誕生日パーティーを開いてくれて実は嬉しかった。



...桃城と越前には素直に礼は言わないが。
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ