ss2

□不憫な日
1ページ/2ページ

「いっぬいー!誕生日おめっとー!」

菊丸が言ったのを皮切りに、「誕生日おめでとう(ございます)!」と次々に言った。

「ありがとう」

乾はお礼を言い

「んで、俺からはこれっ!」

菊丸がプレゼントを渡し、他のレギュラーも次々に渡した。

数人プレゼントが被ってる者もいたが。

「あれ?不二は渡さないのか?」

大石が聞くと

「うん?渡すよ?僕からはこれ。乾の作る汁は青酢以外は美味しいからね。僕も作ってみたんだ。美味しいと思うよ」

不二は大石の質問に答えると、プレゼントを渡した。

ただ、プレゼントを貰った本人も含め、皆顔が青ざめた。

それもそうだ。だって、色が真っ赤なのだから。

「さぁ、今飲んでvV」

不二の作った汁を飲んで乾がダウンしたため、乾の誕生日パーティーは急遽中止になった。
そして、次の日が立海の柳の誕生日だと知り、一緒にやったという。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ