夢の世界〜Memory Days〜



信「………」

鈴「なんだ、不服そうじゃないか」

信「不服に決まってるだろ、なんで姉貴と二人でTOPページの会話しないといけないんだよ」

鈴「こんな形じゃないとお前はいつも逃げ回るからお願いしたんだ。いいか、お前はいつも―――」


―――数時間後。


信と遊ぶ約束をしていた智也たちが来たのだが、まだ鈴は信を叱り続けていた。


稟「………信も大変だな」

樹「今日、誕生日なのにご苦労様だね(1月4日)」


智也「自業自得だろ。信はまだ時間掛かりそうだし暇潰しにゲーセンにでも行こうぜ」


この後、再び会った信の姿は明らかにやつれていた。




〜強化ランキング〜



『☆ SSS Novel'sランキング☆』



強化リンク!



Memories Moon


☆INFORMATION☆

初めに…
簡単な小説の説明です

更新履歴

☆NOVEL☆


〜SHUFFLE! T.S〜
寮生活編
初音島編
雛見沢編

〜Warmth〜

〜SHUFNAD〜


〜MSD〜
〜2nd Season〜

〜SS小説庫〜
只今3作品を公開中

☆BBS☆


感想掲示板

相互リンク募集板
随時相互リンクを募集しています。

重要?アンケートォー!


☆リンクとランキング☆


只今27人の管理人様と相互リンクしています。
相互リンク集!
相互リンク集A


ランキング集!





質問や要望はこちらへ
メールボックス



ちなみに。


あなたは439490人目の訪問者です。






このサイトは各権利の侵害を目的として作成・運営してる訳では無い事をご理解ください


ブックマーク|教える
最終更新日 2011/01/04




©フォレストページ