短編2


[1件〜10件/全30件]
次の10件→

まわる、
まわる、まわる。

そこに在るだけの、
世界に絶望する。

瞳の見詰める、
君、と彼女は誘う。

その人は、微笑んだ。
その人は、ふわりと微笑んで――

君の、
本当は、知っていた。だから、私は――


月を見上げながら。

雨の日に
ある雨の日の日常。

空から降るもの
おちてくる、と少女は指差す。

くまのぬいぐるみ
少女から贈られた、それは――

知らない君
懐かしいその顔、けれど。



[1件〜10件/全30件]
次の10件→

[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ