text


□紅い衝動
1ページ/13ページ

暑く…喉が渇いて仕方がない。
少し、飲み過ぎただろうか…

逆上せているせいで、視界がはっきりしない。

手探りでソファに辿り着くと、横になる。
肘掛けに頭を乗せ、目を閉じれば直ぐに睡魔が襲って来た…。

しばらくすると、瞼の裏側にビジョンが映し出され、カラーともモノクロともつかない色彩が形を成してゆく。 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ