短編小説 白

□初恋ーその後
1ページ/3ページ

俺の初恋は小学生だった。
転校してきた少し変わった子だった。
普段はあまり表情を作らない子だった。
クラスでも可愛い子たちとキャーキャー言って踊ってたりして、
でも、普段は休み時間にいつも本読んでいるようなそんな子だった。
その子は俺たちの小学校からは目面しい中学受験をしていなくなった。
超田舎だったから、驚きだ。
だから、実際一緒の学校にいたのは少しだ。
俺も、口数は少なかったから全くと言っていいほど、その子と話したことは、ないけど。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ